文化的多様性を持った人々をカウンセリングする

カウンセラー向けのカウンセリングです。

<取り扱いテーマ>

Section 1: 多文化的なカウンセリングとセラピーの多面的様相

Part1:多文化的なカウンセリングとセラピーの情緒的及び概念的な面

  • Chapter1:異文化適応力と文化的謙遜の発展を阻む障害物:多文化トレーニングへの抵抗を理解する
  • Chapter2:多文化カウンセリングとセラピー
  • Chapter3:少数派グループのカウンセラーとセラピストへの多文化カウンセリングコンピテンシ―

Part2:カウンセリングと心理療法が示すインパクトと社会的正義

  • Chapter4:カウンセリングと心理療法が示す政治的及び社会的正義
  • Chapter5:カウンセリングの過程における構造的弾圧のインパクト:クライアントの世界観とカウンセラーの信憑性
  • Chapter6:カウンセリングと心理療法での無自覚差別

Part3:多文化カウンセリングとセラピーの実践面

  • Chapter7:多文化の障壁と支援するプロであるということ:文化的観点からみた個人間の相互作用
  • Chapter8:コミュニケーション方法と、カウンセリングと心理療法にもたらすそのインパクト
  • Chapter9:多文化的根拠に基づく実践
  • Chapter10:非欧米系固有のヒーリングメソッド:多文化カウンセリングとセラピーが示すもの

Part4:多文化カウンセリングとセラピーに対する人種、民族および文化的アイデンティティーの心構え

  • Chapter11:有色人種の、人種・民族および文化的アイデンティティーの心構え:カウンセリングが示すこと
  • Chapter12:白人の人種的アイデンティティーの発展:カウンセリングが示すこと

Section 2:多文化カウンセリングと特定の人々

Part5:特定の人々を理解する

  • Chapter13:文化的コンピテンシーの評価

Part6:人種・民族少数派集団とのカウンセリングとセラピー

  • Chapter14:アフリカ系アメリカ人に対するカウンセリング
  • Chapter15:アメリカ系インディアン、ネイティブアメリカンとアラスカ原住民族に対するカウンセリング
  • Chapter16:アジア系アメリカ人と太平洋諸島出身者に対するカウンセリング
  • Chapter17:ラテン系民族に対するカウンセリング
  • Chapter18:他民族に対するカウンセリング

Part7:カウンセリングと民族・宗教などを含む特別な状況

  • Chapter19:アラブ系アメリカ人とイスラム教徒のアメリカ人に対するカウンセリング
  • Chapter20:移民・難民に対するカウンセリング
  • Chapter21:ユダヤ教徒のアメリカ人に対するカウンセリング

Part8:その他多文化の背景を持つ人々とのカウンセリングとセラピー

  • Chapter22:障害を持つ人々に対するカウンセリング
  • Chapter23:LGBTQの人々に対するカウンセリング
  • Chapter24:年輩者に対するカウンセリング
  • Chapter25:低所得者に対するカウンセリング
  • Chapter26:女性に対するカウンセリング

次の記事

その他